やっぱり手書き手帳が好き

手書き手帳VSデジタルスケジュール帳

どっちが好みか、便利か、は人それぞれだけど、私の場合、手帳はやっぱり手書きが好き。

今は「ジブン手帳」がお気に入り。

 

過去には、フランクリン・プランナーも長い間使っていたし、ほぼ日手帳にも手を出した。

もちろんGoogleカレンダーでデジタル管理することも。

いろいろ使った結果、わたしにとってジブン手帳が最高だった。

 

なぜか?

手書きするとき、そこには思考が含まれる。

そう、考えが広がるのだ。

 

その分、時間はかかってしまうのだけれど。

私にはどうもそれが大事な行為らしい。

 

好きなように字を書いたりイラストを書いたり丸で囲んだり、その自由さが好きなのだ。

その他に手書きで使っているノートは、

  • モーニングノート
  • タロットダイアリー
  • 読書ノート
  • カウンセリングカルテ
  • 撮影ノート

などなどがある。

ただ、先日手に入れた ipad pro のおかげで、これらの多くをデジタル管理する日も近い。

 

なぜなら、ノートがなくても手書きがさくさくと出来るようになったからだ。

これはかなりのノート革命になると思う。

 

そうして長年愛用しているEvernoteの価値が自分の中でどんどん高まっていく。

それでも手書きノートはやめないと思う。

書きながら、紙の質感に癒やされてもいるからだ。

ノートに関しては、わたしもかなりの好みがうるさい方だ。

 

こうしてノートのことを考えていたら心がワクワクしてくる。

この日記のテーマは正解だったかも。

今日も好きなものに囲まれて!

ありがとう。