やりたいことがない、と、やりたいことがありすぎる、は似ているという件

やりたいことがありすぎる。というのは、

やりたいことがない。というのにとても近い。

 

それはこの質問がヒントになる。

「あなたが本当に本当にやりたいことに気づいてしまうと、どんなネガティブなことが起こる可能性があるか?」

 

たとえば、

今やっている仕事を放棄したくなる、

今好きだと思っている人と別れることになる。

これが自分だ、と思っている自をやめたくなる。とか。

 

つまり長年の「あたりまえ」がなくなってしまう可能性。

実は、これは私たちのマインドがとても嫌がることだったりする。

 

人は本来「恒常性」といいう「変わりたくない」という本能がある。

 

変わらないということは、慣れている、知っている、わかっている、という安心につながる世界。

だから、変わるっていうことは、慣れていない、知らない、わからない、という不安定につながる世界。

 

アタマでは、新しい世界は面白そう、冒険だ、行くべきだ、と考えるかもしれない。

でも、マインドの深い部分は、それを怖れる。

 

そいういう、マインドとこころの不一致のようなことがおこるとき、

「本当の」ことに気づかないように、

マインドはほんとうのことを見せないように隠したり、色んなものを見せて迷わせたりする。

つまり、やりたいことがない、とか、やりたいことがありすぎる、とか。

 

どちらも結局、今の場所から動けない、という結果になる。

つまりマインドの思惑通り。

 

これにはまらない方法はただひとつ。

騙される前に行動すること。

それで、マインドの目をすりぬけると、本当にやりたいことがふと顔を出してくれたりする。

 

それを拾い上げる練習を、今からでも遅くないから はじめてよう。

本当のあなたを見つけるために。

 

今日も読んでくれてありがとう。

 

Lost dog

1件のコメント

  1. 大変、ご無沙汰しております。藤木です。
    覚えてはりますか? モリアキコさん
    すーさん、しゅうちゃん。河上さん
    ベース藤木で 大阪アムホールでライブやりましたね! だけさん お顔変わってないですね、
    お元気で頑張ってください。

    藤木遊
    1. うわーぉ、懐かしすぎですー覚えてますよぉー!!ありがとうございますっ♪
      というか、このサイトに辿り着いてくださった事自体にびっくり(^_^;)
      すごくうれしいです!!!

      ダケキヨミ

コメントは受け付けていません。