嶽キヨミのROCKなキモノ部

きものスタイルを、もっと自由に、自分らしく

長年たまった着物を、断捨離販売会☆

122 views
約 3 分
長年たまった着物を、断捨離販売会☆

先週末に、【断捨離キモノ販売会】を開催しました♪

思いのほか多くの方が欲しいと言ってくださって、たくさんの着物や帯がお嫁に行きました♪
譲り受けてくださった皆さん、ありがとうございました\(^o^)/

最初は”断捨離”のためでしたが、販売会をやってみて、色々気づいたことがありました。 

ひとつは、やっぱり着物が大好きだということ。

毎日来て下さる人と着物の話をして、着物に触って、ほんとに楽しかった。

着物コーデ

コーデを考える用にボディに着せているだけなので、着付けは適当もいいとこですが^^;

そしてもうひとつは、それぞれが似合う着物コーディネートを考えるのが思いのほか、ものすごぉーーく楽しかった♪♪ ということ。

あらかじめ、着物に合う帯のセットを作ってあっても、誰におすすめするかによって、この人ならこの羽織だけど、この人ならこの羽織だな、というのは案外違うんですよね。

それだけ着物って、一つのアイテムを変えるだけでまったく違うイメージになるってことなんですね。
 
また、似合う着物コーデは、洋服の似合うものとはまたちょっと違う、というのもキモノの醍醐味だなーって思います。

特に、アンティークの場合は、それが顕著のようです。

色的には、やはりパーソナルカラー理論が役立ちますが、柄的には、華やかなイメージの方が華やかな柄が似合う、というものでもなく、 逆に、ちょっとはずしたりするのがオシャレだったりするなーと思います。 

洋服だとおとなしめのシックなものが似合う人が、アンティーク着物だと、案外大胆な柄が似合ったりもしますしね。もちろん、ダケ流ですが^^; 

また、似合いにくかったり、着るともっさりしてしまう着物でも、組み合わせや着方によって、おしゃれになったり、すっきり着こなせたりするというのも、今回いろいろわかりました。

そのうち、ダケ的「アンティーク着物コーディネート理論(?)」もまとめてみたいと思います(笑)

wp-1457168596465.jpg

来てくださった方たちに、せっかくなので、日替わりで手作り体験をしていただきました♪ 写真は「あずま袋」「つまみ細工」「マニュキアアクセサリー」です♪

 
ほんの少しですが、クローゼットに余裕が出来たので^^;これでまた新しいのが・・・(コラッ!)となるのを、グッと堪える忍耐が必要ですね(>_<)

ありがとう

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


facebook comment

monthly top 6


アンティーク着物スタイリング

ロックな着付けレッスン

手しごとワークショップ 

タロット・リーディング 
自己表現研究科。きものスタイルアドバイザー