嶽キヨミのROCKなキモノ部

夢をあきらめないすべての人へ

中国、女一人旅で学んだこと。環境が人を簡単に変える、という話。

174 views
約 3 分
中国、女一人旅で学んだこと。環境が人を簡単に変える、という話。

「中国人ってやっぱり びっくりするほどパワフルだ・・・。」

と、心から感じたのは、初めての海外旅行。
モンゴルの草原が見たくて、
上海、杭州、北京〜モンゴルへの2週間、バックパックの一人旅。

ほんの少し旅行会話を習っただけで、
とりあえず漢字の筆談でなんとかなるだろうという、

今思えばかなり無謀だけれど、
ホテルも事前に決めない行き当たりばったりの旅だった。

その旅での一番のカルチャーショック、それは、

「激しく求めないと、なんにも手に入らない」という現実。

たとえば、駅でチケットを買う時や、電車にのる時、
そこそこ高級なレストランで食べ物を注文する時でさえ、

日本のように、丁寧な店員さんが注文を取りに来てくれたり、
順番通りにコトを処理してなどもらえない。

最初は、目が点になり、圧倒され、あわわわわわ、となっていた私だけど、

数日経てば、もう腹をくくるしかなかった。
だって、そうしないと何ひとつ手に入らないのだから。

出来る限りの大声を出し、
出来る限りの大きな身振り手振りで、自己主張する自分になる。

最初は、なかなか電車に乗ることさえできなかった私も、

いつのまにか 電車に乗る祭のおしくらまんじゅうに、自ら参戦するようになっていた。

確かに すっごーく疲れる。

でも、それが、不思議なことに、
その旅行が終わる頃には、
自分が旅行前よりもずいぶんとエネルギッシュになっているのを感じていた。

つまりわたしは、

自ら主張しまくらないといけない環境に
いつのまにか順応して、

エネルギーを外に強く放出することを学んだのです。

これは、親切なおもてなしの国ではなかなか得られない経験だったと思う。

 

この旅で感じたこと、

それは、環境が人を変える力。

自分の意志でそれをしようとするよりも、ずっとずっとそれは早くて確実だということ。

だから、パワフルになりたいとき、、

ほんとうに危ないことをする必要はないけれど、
少なくとも今よりも 危機感を感じる経験が出来る場所に身をおくこと、

それが一番の近道なんじゃないかということ。

住みやすく、居心地のいい日本にいても、
常にそういう環境を 自分に与えられる自分でいたいと思う。

 

ありがとう
ダケキヨミ

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


facebook comment

monthly top 6


アンティーク着物スタイリング

ロックな着付けレッスン

手しごとワークショップ 

タロット・リーディング 
自己表現研究科。きものスタイルアドバイザー